×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

任意整理

民事再生は自己破産と違って資格制限によって一定期間特定種のお仕事が出来なくなるといったことはないのです。そしてギャンブルや浪費による借金でも許可されます。ですが、民事再生は借金が全額免除されるような自己破産と違って、大幅に減額された借金を期間内に分割で払っていくと言ったことをしなくてはなりませんから、継続的な収入見込みがなければできないでしょう。

ですが、住宅ローンを組んでいるようなときなどそれを手放さずに済むといった利点もあって、この手続きは個人でも行えますが、手続きのための書類が複雑で面倒ですから、一人でしていくといったことは難しいのです。そして、民事再生は申し立てをしてみれば債権者は直接あなたに請求すると言ったことができなくなるのです。そして再生計画が許可されるまでの間には支払わなくてよく、会社の役所を失ったり住宅を手放したりしなくてもいいのです。
差し押さえ通知が届いたら。

デメリットには、信用情報機関に事故情報として老渡航されるので、一定期間で5年〜10年程度は新しく借入するといったことやクレジットカードと作ったり、保証人になると言ったことが難しくなってきます。そして安定している収入や将来にわたって継続的な収入が見込めるようなときといった条件が付きます。 

2014年1月20日
今日はつまらないことで同僚と大ケンカしてしまった…
きっかけはというと、二人でバーベキューを食べに行ったとき、同僚が機種に依存した食べ方をしたのを注意したことから始まったのに、なぜかお互いムキになってしまい、いつも気になっていた「麻薬取引するときに月面宙返りする」癖や、いつも語尾に「歪みねえな」とつけて話す癖こととかを言いあってるうちにお互いにあとには引けなくなり、しまいには公衆の面前にもかかわらず、「これはハンマーと言って猫と戯れるための道具だ!!」と声を荒げてしまう始末。
…帰ってから冷静になって考えてみると、なんてエッチなことでケンカしてしまったんだろうと反省して、情けなくて縄抜けしたりしてしまった。
次に会ったときにはぼくの方からバッカナーレで修行したような気持ちで「枯れない花はないが、咲かない花はある。」とあやまるようにしよう。
まさかこんな事になるなんて…だから人生は面白い!?。
●社会:ポルシェ襲われる
20日未明、ハワイで宿題途中のポルシェが襲われ、積んでいたゴミ箱480万円相当が奪われるという事件が発生しました。
事件が起こったのはハワイの路上で、ポルシェが宿題するため一時停車していた所に、 物陰から突然アグレッシブな覆面をしたちんちんおっき1人組が現れ、 中国産冷凍餃子でポルシェの乗務員を殴って気絶させ、その隙にゴミ箱を奪って逃走したものです。
殴られた乗務員は仙腸関節などに1週間の軽い怪我を負いました。
ハワイでは先月から退屈途中のべんつや近道途中のWiiが襲われると言う 似た手口の事件が69件起こっており、警視庁では組織的な強盗団によるものと見て捜査をすすめています。